ソライロの馬日記

シルクレーシングとワラウカドで一口馬主を楽しんでおります。その時、感じた事などを好き勝手に書く独り言日記。

エバーフレッシュまとめ

エバーフレッシュ

 

 

父 ハーツクライ

母 パーシステントリー

 

松永幹夫厩舎

 

募集金額 7万/500口

 

戦績6戦0勝

 

馬代金 65883円【割引あり】

 

収入

 

支出

 

合計

 

 

2020年

 

8月

 

先行募集で抽優使って、応募するも落選。

 

2021年

 

3月

 

まさかのキャンセル募集で当選。

出資理由は主に募集カタログの馬体写真。

華奢な感じはするけども、綺麗なシルエットで個人的には大好きな馬体でした。

動画での動きはいまいちな部分もありましたが、5月生まれだからこんなもんだろと思ってました。

 

馬名はエバーフレッシュ。

植物名。花言葉は「歓喜

 

8月

しがらきへ移動。

北海道での育成ではずっと緩さを指摘されてました。

この辺はハーツクライだしまだまだこれからという感じ。

 

9月

栗東へ入厩、ほどなくしてゲート試験合格。

中身を鍛えるとの事でしがらきへ放牧。

 

11月

栗東へ入厩。

 

12月

緩さや非力な所があって、調教タイムが伸びていかない。

坂路で13秒、CWで12秒ほどで実戦で良くなりそうとの事。

 

11日にデビュー。

デビュー戦の走りを見て、調教のタイムがそのまま実戦に出た感じ。

ここからの成長次第かなと希望はあるデビュー戦でした。

 

2022年

 

2月

19日に2戦目。

ポジションを取りたいので、ペースがゆったりな2400mを選択。

追い切りの時計を見てる分にはデビュー戦からの成長は伺えない。

 

勝ち上がれるような決め手をもってなさそうな結果で

先行きがかなり怪しくなってきました。

 

4月

 

24日、三戦目。

力のいる馬場はきついとの事でこの頃からポリトラック調教を入れてきました。

強めの調教を入れるとしぼんでしまうので出来ない模様。

現状、スピードが無いのでダートへ矛先を向ける事に。

牝馬限定のダート戦というのもありますがすこし結果が出ました。タイムは早くないので展開などの助けは必要だと思いますがすこしだけ勝ち上がりの光が見えました。

 

5月

21日4戦目。

この日は力のいるパサパサの馬場で条件に合わず。

にしても勝負所でついていけなかったのがキツイ。

 

7月

10日5戦目。

最高のロケットスタートを決めたものの逃げる事が出来ず。

パサパサの馬場とか言い訳はあるんでしょうがとにかくスピードが無いのが辛い。このタイミングで掲示板内を外してしまったので間隔を空けないといけなくて、ラストの一発勝負を長距離の芝に賭ける事が発表されました。

 

8月

28日6戦目。

最終追い切りはポリトラックで11.9。

結局、最後まで劇的な成長は見えず。

騎手のイメージ通りレースは進めて、馬の力は出せたとの事。

距離は長かったようですがこの辺はしょうがないですね。

馬に力が無かった。

 

このレースを最後に引退が決定。

繁殖馬として牧場へ戻るようです。

 

先行募集で抽優使うも落選。キャンセル募集でまさかのご縁があった

エバーフレッシュ。

抽優使うくらいなので大きく期待していましたが結果は6戦0勝とかなり厳しい結果。イイ馬だと思ったんだけどな、難しい。

未勝利馬なのでノーザンでの繫殖入りは難しいかもしれません。

それでも、何かしらポテンシャルがあった事を証明して欲しい。

産駒の活躍とエバーフレッシュの長生きを願ってます。

 

エバーフレッシュと関係者様、お疲れさまでした。

ルヴォルグ 16戦目

9/3

障害3歳以上オープン

新潟競馬場

障害3250m(芝)

 

ようやくルヴォルグが戻ってきました。

前走の無理使いの反動で調子を崩して、長期休養。

それから、実に6か月ぶりの実戦です。

馬体重はまさかの498kgと前走から‐28kg。

デビュー以来最軽量の馬体重に。

ただ、マイナス体重のインパクト程

状態が悪い感じではなさそう。

どんな走りを見せるか、振り返っていきます。

 

枠は8枠12番といつも通りの定位置。

スタートはまあまあ普通に出ました。

そこから、リズムよく第二障害までクリア。

ここで番手まで上昇。

 

跨ぐような感じで障害をクリアしていく。

脚の長さが活きてるのかもしれません。

馬装もフル装備でオジュウチョウサンのよう。

復帰戦とはいえここまでは順調にクリアしてきました。

3コーナーを迎えて、いよいよ勝負所。

最終コーナー~直線は、後ろを引き離せない。

手応えも後ろ馬が十分。

完全に脚は無くなったよう。

7着。

長期の休み明け、大幅な馬体減、馬場状態、前総崩れの展開、.イレ込みなど細かい理由言えば色々と敗因は書けますが、ルヴォルグならもっと出来ただろうと思ってしまう。ゆったりと過ごしてきた時間の中でもう多分、競走馬としてのピークは終わってしまったんだろう。負けるにしても、昔の様な荒削りな強さは感じなかった。

 

あとは次までどのくらい空いてしまうのか、そこが大事。

 

ルヴォルグと関係者様、

お疲れさまでした。

エバーフレッシュ 6戦目

8/28

3歳未勝利

小倉競馬場

T2600m

松本騎手

 

未勝利戦の期間も来週で終わり。

いよいよ現役を続行出来るかの

正念場になってきたエバーフレッシュ。

調教師からはスピードが不足してる部分を距離伸ばして、

どうにか消耗戦にしてなんとか結果をとの事。

1番パフォーマンスが出てたのは芝にしてもダートにしても1800~2000mだったのでそのあたりの芝を使って欲しかった。2戦目の阪神2400mの惨敗見てるとあまりいいイメージはないんだけど、どうなるか!?

ちなみに今回掲示板内じゃないと引退だと思います。

 

振り返っていきます。

枠は7枠13番。

スタートはまずまずの出。

しかし、すこし置いていかれる。

1週目の直線入り口。

外目を走っていいリズムだと思います。

切れ味はないので、もう少し前が良かったが脚がないのでしょうがない。

3コーナー手前。

この辺りから促して上がっていこうとするが

すでに手応えが悪い。

やっぱり距離が長いかな。

最終コーナー。

ここから決め手があるわけではないので

かなり絶望的。

あ~~~~~、これで終了か…

12着。

結果的には距離が長かったようです。

勝負所までは騎手のイメージ通りにいったようなので

しょうがないですね。

馬に力が無かった。

 

この後、翌月曜日に引退が発表されました。

行先は分かりませんが繫殖牝馬になれるようです。

なかなか、競走に向いた馬ではなかったですが

第二の馬生では活躍して欲しいです。

 

しかし、抽優つかった馬だったのでこの結果は辛い。

あらためて勝てる馬に出資する難しさを勉強させられました。

 

エバーフレッシュと関係者様

お疲れさまでした。

そして、ありがとうございました。

21年産出資馬

21年産は上手く抽選会を乗り切って、二頭に出資する事が出来ました。

 

 

パーシーズベストの21

今年は血統表などは見ないで、先ずは写真と動画を見て、ピンときた馬を重視しました。

シルクの募集馬の中で1番と思えたのがパーシーズベストの21でした。

個人的な好みになりますが、こんな風にスラ~っとバランスのいい馬体が大好きです。動画ではトモの筋肉が柔らかく、動けてたのが好印象でした。

即決で抽優に決めるくらいには気に入りました。

後から血統を見て、ロードカナロア産駒だったのは意外でした。カナロア産駒はもっと箱っぽい馬体でゴツゴツしてるイメージを持ってました。

 

パーシーズベストの21は品がある馬体で中距離くらいまでこなせそう。

来年の秋までにデビューをして、クラシック戦線へ連れて行ってくれ、重賞で活躍するくらいの期待感はもってます。

取れるかどうかが1番の問題点だったのでそれが突破出来た事がなによりでした。

 

 

クードラパンの21

こちらは票読みをした中で取れる確率のある馬から選びました。

菅囲18.8,一口9万の牝馬、この辺りが嫌われてか全く人気がありませんでした。

 

馬体を見てみると、キレイな背中で好みの馬体。

小さいながらも将来的にはがっちりしてきそうな馬体に見える。

動画では逆光で見えにくいですが

小さい馬にありがちな上下にぶれる様なひ弱そうな印象はなく、イイ感じだと思いました。前が少し硬そうには見えます。

 

気になる菅囲はこれ以上大して大きくなりそうにはないので、問題ないと思います。4500万を回収できるかどうかは正直、厳しいとは思います。

 

個人的には芝の短距離で地道にコツコツ稼いでもらって、3つくらい勝って、怪我無く楽しませてもらえばと思ってます。桜花賞に出れたらが夢目標。

2022年7月末までの収支状況

 

一口馬主収支合計(2022年7月末現在)
 

-773331(-6524)


15年産 -76831【確定】


16年産 -163165(-1400)


17年産 -83013(-1048)


18年産 -112171【確定】

 

19年産 -173121(-1610)

 

20年産 ‐165030(-2466)

 

 

 

 現役馬

16年産

ルヴォルグ


馬代金 140000

収入 98307

維持費 91336(+1400)

収支 -133029(-1400)

 

17年産

サンテローズ


馬代金 56000

収入 60648

維持費 52001(+1048)

収支 -47353(-1048)

 

19年産

メッセージソング

 

馬代金 82340※ポイントなど割引あり
収入 13939(+852)※出走手当
維持費 23901(+1944)
収支 -92302(-1092)

 

エバーフレッシュ

 

馬代金 65883※ポイントなど割引あり
収入 8041(+1057)
維持費 23977(-1575)
収支 -81819(-518)

 

20年産

 

サンサルテーション

 

馬代金 57481※ポイントなど割引あり
収入 575
維持費 8586(+786)
収支 -65492(-786)

 

コスタレイ

 

馬代金 58653※ポイントなど割引あり
収入 0
維持費 7302(+892)
収支 -65955(-892)

 

フェールデレーヴ

 

馬代金 27372※ポイントなど割引あり
収入 0
維持費 6211(+788)
収支 -33583(-788)

 

 

引退馬

15年産【確定】

レイロー【確定】


馬代金 66500(割引あり)
収入 21477
維持費 31808 
収支 -76831

 

16年産

ストラトスフィア【確定】


馬代金 25175(割引あり) 

収入 57831

維持費 62792

収支 -30136

 

17年産

シェノン【確定】

馬代金 29141(割引あり)
収入 26970
維持費 33479
収支 -35650

 

18年産【確定】

トゥールアンレール【確定】


馬代金 117200※ポイントなど割引あり
収入 33198
維持費 28208
収支 -112171

 

21年産出資馬確定

まずは申し込んだのはこちら↓↓

 

sorairo2631.hatenablog.com

 

 

結果は

パーシーズベストは予想で75%くらいの当選確率でしたが結果は57.6%。確保出来て、非常に嬉しく安堵しております。

クードラパンはおそらく実績。

クッカーニャの予想は10%でしたが、それを下回る5.2%。

そして、一発取れるかもと思ってたエリーシエズワールドは予測の30%を大きく外す4.5%。

 

結果、票読みは難しい。

1番欲しい馬が取れたのでそれが最高の結果だと思います。

色々と制度に意見があるとは思いますが

少数の出資でいい僕にとっては抽優制度は有り難い制度だと思ってます。

ようやく少しずつ

出資馬達に動きが出てきました。

 

ルヴォルグは疲れで半年休養し、ようやく帰厩。9月に復帰予定。

 

サンテローズは5月のGWごろに蹄痛めてから、ゆっくりとした調整でようやく復調気配。こちらも9月に復帰予定。前走が1月8日で今年こそは飛躍の年にとか思ってたのにこんな状況。非常に残念。

 

エバーフレッシュは8月28日の競馬へ。進退をかけたレースに。正直、あまり自信はない。

 

コスタレイはゲート不合格。その後繋ぎに腫れが出て放牧。年内デビュー出来るかどうか。持ってないというか運が悪い!せめて、ゲート通ってれば。

追記

その後、北海道へ戻されることが発表されました。

今年の2歳勢はデビュー前から雲行きが怪しい。

 

サンサルテーションは骨折した脚を跛行して、また頓挫。こちらはもうデビュー出来るのか!?抽優馬なのに…

 

フェールデレーヴは北海道を出発して、8月13日に栗東へ移動。出資馬の中では順調な状況で楽しみになってきた馬です。